特別なもの_下巻

特別なもの 下巻(思い出)

テキスト

妖精の物語が書かれている

 ああ、妖精が見えるお嬢さん
 君ももう分かっただろう?

 特別な命の時間ってのは
 その人自身の、命の時間だけなのさ

 誰だって、自分のものでない
 時間を生きようとすれば
 別の何かに変わっていくのさ

だがこれは、ただ思い出の見せる幻である

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/oppeketen/alphabetatta.net/public_html/deracine/lib/plugins/discussion/action.php on line 425

コメント

コメントを入力:
 
特別なもの_下巻.txt · 最終更新: 2018/11/11 10:42 by 60.61.181.58

ページ用ツール